ring for love

結婚指輪は特別

シンプルで飽きのこないデザインが魅力のマリッジリング

「男性がアクセサリーを身に付ける」というと、まだまだ抵抗感を抱く人も多いのではないでしょうか。しかし、その中でも結婚指輪だけは別格と位置付けることが出来るアクセサリーになるのではないでしょうか。結婚指輪とは、挙式時に新郎新婦が交換する指輪になります。大きな宝石と立体的なビジュアルが印象的なエンゲージリングと違い、結婚指輪はフラットで比較的シンプルなデザインで知られています。結婚指輪は、普段の生活でも身に付けて送ると言う人も多くなります。そのため、仕事や家事の妨げにならないようにと言う配慮から、シンプルなデザインとしていると言われています。結婚指輪は、婚約指輪と同時に購入するケースが多くなります。

婚約指輪も兼ねた結婚指輪のメリット

これまでのシンプルなタイプから、より華やかなマリッジリングも登場し、注目を集めています。一例としては、リングの表面に小さなダイヤモンドを多数埋め込み、華やかさを強調したタイプを挙げることが出来ます。このようなマリッジリングは、エンゲージリングと兼ねて購入すると言う場合も、多く見受けることが出来ます。婚約時に贈られるエンゲージリングは、結婚後は冠婚葬祭時など、かしこまった席での着用が多くなります。しかし、幸せを象徴するアクセサリーであることから、普段から身に付けていたいと言う考えも頷けます。