ring for love

愛の証の指輪

婚約指輪は、婚約の証として男性から女性に送られる指輪のことを言います。この指輪は、古代ローマ時代に誓約する印として使われていた鉄の輪を婚約指輪として使ったのが始まりになります。また、左手の薬指にはめる理由は、いろいろな説がありますが、左の薬指と心臓の血管が直接繋がっているので、それを愛の証としてつけていると言われています。

そういった婚約指輪は、好みの指輪を一緒に選んぶカップルが増えています。また、事前に購入をしてサプライズでプロポーズを行う男性も多くいます。最近では、結納や顔合わせなどのときに合わせて購入することが多くあります。購入をするときには、在庫の確認や名前を掘ることやオーダーメイドで作ることや出来た後のサイズ直しをすることも必要になるので、逆算して用意をすることが必要になってきます。
購入を検討している場合には早めに購入を進めることが大切です。目安として渡す日にちの1ヶ月前には、選び始めることが必要になってきます。また、フルオーダーメイドをする場合には、2ヶ月前を目安に行うことが必要です。

婚約指輪を選ぶときには、普段でも使うことができるものか、とってもきの指輪を用意するのかなどの指輪をつけるシュチュエーションを考えて検討することが必要になってきます。指輪には、宝石やセッティング方法、金属の輪の部分などのデザインも考えることが大切です。指輪でも数多くの種類があるので、購入前には、インターネットで画像などを見てイメージをつけておきましょう。